去年に引き続き、コロナ禍真っ只中のお盆が来ました。そして、こんな長雨の日には、事務所で一人仕事の勉強、勉強ですわ。

query_builder 2021/08/14
ブログ
考える猫

去年に引き続く、大変なコロナ禍で、新型コロナの猛威が収まらないですね。


昨日の時点の発表では、全国で、初めて新型コロナ感染者の数が、なんと2万人を突破したということではないですか。


この鰻登りの右肩上がりの急カーブ線が、経済成長とか、賃金アップとか、そういう嬉しい好循環ならいいですけどね〜。


そんなコロナ禍真っ只中で迎えた2度目のお盆ですが、政府のお偉いさん方は、「是非とも、県境をまたぐ移動はお控え願います。」と声を大にして繰り返していますが、長びくコロナの状況に疲労困憊した国民にどれだけ響くことでしょうかね。


そして、線状降水帯の影響で、西日本を中心に大雨の被害で大変な状況の泣き面にハチと言った状態が続いてますね。


幸いにして、北関東は小雨が続く程度で、今のところ収まっているので、こんな日には、お盆の静かな事務所でひとり、相続、遺言、それに許認可に関わる関連本を読んでます。


先日も相談を受けた遺産分割、父親(被相続人)が存命中には、仲の良かった兄弟が、その父が他界するや否や、父親の遺産を巡って紛争が発生。


それも、ちょっとした「法律の規定どおりに分けましょう。」みたいな当然?の発言が発端だという。


それが素で、お互いが、やることなす事、ケチをつける状況になり、収拾がつかなく、今では、お互いに罵倒し合う状態と化し、一触即発といった場面を迎えているのだという。


あまりに尾を引いて、感情のもつれがひどくなったりすれば、刃傷沙汰なんてことにもなりかねませんから、注意が必要です。


少し時間を置いて冷静になれば、お互いに歩み寄れる状況になるのかどうかを確認したところ、相談者としては、これ以上いがみ合いたくはないということなので、相談と受けた自分としては、相談者の方で、いくらか譲歩できるのであれば、そして、それで相手方と遺産分割の話し合いができるのであれば、その旨の合意書である遺産分割協議書を作成することは構いませんよ、という旨はお伝えしたが、まだ、時間はかかるかもしれませんね。


この仕事は、色々なケースに対応しなければならない重要な業務、それを自覚し、日々精進したいと思う、こんな一日です。

NEW

  • 徒然なるままに書き連ねたくなること。まだ、6月だというのに、バカ暑い猛暑となったので、節電とはい...

    query_builder 2022/06/28
  • 徒然なるままに書き連ねたくなること。まるで近未来社会の映画のようだ。まさかAIに面接される時代が来...

    query_builder 2022/06/19
  • 徒然なるままに書き連ねたくなること。一部の資産家と言われる人間が、圧倒的多数にのぼる小市民たる労...

    query_builder 2022/06/10
  • 徒然なるままに書き連ねたくなること。外は一日中雨模様で季節が逆戻りしたような寒さだったけど、夜の...

    query_builder 2022/06/07
  • 徒然なるままに書き連ねたくなること。2年以上に亘るコロナ禍で、幾度となく感染の波が訪れては去り、...

    query_builder 2022/06/02

CATEGORY

ARCHIVE