mainimage01
mainimage01
mainimage02
mainimage02
mainimage05
mainimage05
幅広いお手続きをサポート
丁寧な対応で
相談者様に寄り添います
秘密は固くお守りします
Home
Concept

豊富な実績のある行政書士事務所を宇都宮でお探しなら

相談者様のお困りごとに丁寧に対応しております

個人の方の相続や遺言のお悩みから、法人設立などのお悩みまで、幅広い範囲に対応できる確かな知識とノウハウがございます。宇都宮にて行政書士としてこれまでにも様々なご相談を承り、相談者様一人ひとりの状況に合わせたサポートを行うことで、多くの喜びのお声を頂戴してまいりました。行政のお悩みを解決へと導く専門知識を持ったプロとして、丁寧な説明と案内を徹底し、安心してご相談いただける雰囲気づくりに努めております。

お問い合わせはいつでも歓迎しており、お困りのことについてしっかりとお話をお伺いしております。様々なお手続き等に関してお困りのことがございましたら、まずは経験豊富なプロまで相談してみませんか。

Service

様々な契約や手続きを行政書士としてサポートいたします

安心感のある行政書士事務所として宇都宮で好評

Price

専門知識を活かし行政書士として幅広い依頼に対応します

相続のことから法人設立までどんなご相談でも歓迎

相続関連
自筆証書作成サポート

4万円

公正証書遺言作成サポート

12万円~

公正証書遺言証人手配(1名あたり)

1万円

相続人の調査、確定及び相続関係図作成

5万円~

遺産分割協議書作成

5万円~

Message

経験豊富なスタッフが相談者様一人ひとりに寄り添います

専門知識と豊富な経験を持ったスタッフがサポート

  • 坂本法務事務所様4

    ごあいさつ

    初めまして。行政書士坂本法務事務所の代表行政書士、坂本修一と申します。
    当事務所代表の私としては、標榜しております、「あなたの身近な相談役」に成れますように、今後とも精進を重ねて行く所存ですので、どうか当事務所へのご愛顧のほど、宜しくお願い致します。
なんでもQ&A

ご相談にあたっての疑問やご不安に丁寧にお答えします

  • 【現場での労働法の巻〜その2〜】ドラマや映画だけでなく、現実社会でも実際に生じ得る厄介なセクハラ類型。

    今回は、労働法上の明確な規定はないですが、これはいわゆるセクハラでしょうということで、その行為自体が、違法行為として、労働法上又は民法上の損害賠償の対象になるのではないか、という「セクハラ」類型編を取り上げたいと思います。


    (職場での猥談もセクハラになる!)〜上司との関係で〜

    「エッチな話をしながら、そうだよね◯◯ちゃん(微笑)」と言って、無理矢理に相槌を求める。

    「(別室に部下を呼んで)君のこと好きなんだ。妻には内緒だから、僕と付き合わないか」と言って、不倫関係を強要する。


    などと、上司が、自分の会社内での権力を傘に着て、セクシャルな関係を強要するのは、ドラマや映画に限ったことではなく、現実社会で実際に発生している重大事案ではあるが、いざ、裁判に訴えるとなるとグレーゾーンになることが多く尻込みしてしまう方も多いでしょう。


    例に挙げた事例は、いわゆる「対価型セクハラ」と言われるもので、従来からも何度となく問題を指摘されていたものです。


    この他に、職場内の壁に卑猥なポスターを貼っては、それを見てみんなで常時猥談に興じるなどという「環境型セクハラ」なんて言われるものもあり、こういった環境下では、業務の遂行自体にも支障が生じることもあるだろうし、実際に、裁判でもこの「環境型セクハラ」で、賠償金の支払いが命じられたケースもあります。

  • 【現場での労働法の巻〜その1〜】世の会社に渦巻く非常識な上司につける薬はないが、労働法の知識を使って撃退する方法はいくらでもある〜。

    (パワハラ・セクハラブームの到来か〜?)


    「こんな仕事ぶりじゃ〜、本社から遠く地方の支社に飛ばしちゃうよ」と言われて、毎日会社に行くのが憂鬱です。


    「あなたは、仕事が遅いんだから、朝まで残業しても当然だよね」と、無茶苦茶なことを言われて、腹が立って仕方がありません。


    会社の上司に「これはおかしいと思いますけど…」と意見したら、その日1日狭い部屋でひとり閉じこもって仕事をさせられました。


    などなど、社会常識から見て、どう考えてもおかしいのでは、ということが世の会社内には多々存在すると思います。


    (〜パワハラ編〜「人格否定」はパワハラです!)


    パワハラを具体的に規定した法律はありませんが、結局、その判断は、社会常識や一般常識によるようです。


    判例をひとつ挙げますと、「セガ・エンタープライゼス事件」というものがありまして、これは、内容を簡潔に言いますと、上の一例のように、「窓もない密室、『パソナルルーム』という部屋に入れて、鞄も筆記用具も一切なしで丸1日中を過ごさせる」という、精神的に極度に追い込ませるもので、結果として、不当解雇として会社側が賠償金を支払う羽目になった事件です。


    これは、明らかに会社内でのいじめが「人格侵害」となったことを、裁判所も認めたもので、「人格否定」がパワハラになることを示しました。


    上司との関係では、例えば、「お前はバカだから、仕事もできないんだ」とか、「お前は大学出ていないから仕方がないな」とか、仕事内容とは全く関係ないところで、上司が部下を叱責するのは、基本的にパワハラになると言えるでしょう。

  • 1か月後に全額返済するという条件で、50万円を友人に貸したのに、期日が過ぎて催促したのに返してくれません。何かいい手続きはありませんか。

    質問事例のような場合には、まさに格好の手続きとして、裁判所に少額訴訟というものが用意されています。


    これは、比較的少額な金銭債権(貸金など)に関する争いについて、簡単に、迅速に、また低額な費用で、解決を図ることを目的にした手続きです。


    その目的からして、弁護士などの専門家に依頼せずに本人で訴訟することを予定した手続きで、60万円以下の金銭請求が対象であり、原則として一回の期日で審理を終わり、直ちに判決が言い渡されるものです。


    実際には、一回の審理で終了する点からして、あまり争いが根深いもの(夫婦間の不倫相手に対する慰謝料請求など)よりも、争点が明確な売掛金、賃金、貸金などが適していると思います。


    そして、裁判所での審理の際には、一回で終わらせるために、証拠書類(貸金の借用書など)のコピーを用意して、遅くとも当日までには提出しておくべきでしょう。


    しかし、少額訴訟手続きも、相手方(被告)から通常の訴訟でやってほしい旨の書面(答弁書)が提出されたり、裁判所が、通常の訴訟で審理するのが相応しいとの判断をした場合には、申立人(原告)が少額訴訟を希望しても、当然に通常訴訟(普通の裁判)に移ってしまいますので、ご注意ください。

  • 負債の支払いが難しい状態になった場合に、破産の他に個人再生手続というものがあると聞きましたが、破産とはどういう違いがあるのでしょうか。

    破産手続きの難点としては、よく指摘されるものに、⑴財産の清算手続きがなされるため、住宅などがあると処分されてしまう、⑵一定の資格制限が伴う、⑶「破産者」という社会的な烙印が押されてしまう、といったものがあります。


    それらの問題点を克服しようとしたのが個人再生手続きであるため、例えば、上の⑴の問題である、所有住宅を処分されてしまう点については、住宅を手放すことなく、所有したままで経済生活の再生を図ることができる、つまり、住宅ローンがある場合には、支払額の減額や支払い期間の延長などが認められていますし、⑵のような資格制限もありません。


    さらに、債権者側にとっても、ほとんどのケースで配当がなされない破産手続きよりも、個人再生では一定額の弁済が受けられる、債権回収が図られるという点でメリットが大きいと言えます。


    もっとも、債務者側にとって、破産手続きよりもいい面ばかりあるとは言えず、破産においては、債務が免責されれば弁済の必要がなくなるのに対し、個人再生手続きでは、一定額の支払いを原則3年間続けなければならないという、責任を負担するという意味ではデメリットかもしれません。

Access

地域密着で様々なご相談に対応してきた実績がございます

概要

事務所名 行政書士坂本法務事務所
住所 〒321-0914
栃木県宇都宮市下桑島町488
電話番号

028-666-8751

028-666-8751

E-mail greatbonzo.l@gmail.com
営業時間 9:00 〜 18:00

定休日

火曜日

※ご予約いただいたお客様につきましてはご対応可能です。
※ご予約は電話またはE-mail、お問い合わせフォームよりでお願いいたします。

FAX

028−666−8752

アクセス

相続関係や、遺言書作成、法人設立関連に特化した業務内容としており、各種契約書の作成なども承っております。宇都宮で事務所を構える行政書士として、幅広い内容のご依頼にお応えしてまいります。アクセス情報を掲載しておりますのでご覧ください。裁判所書記官として長きに亘って積み重ねてきた確かな知識と実力を発揮して、相談者様のお力になります。



About us 日々を支える行政書士事務所として宇都宮にて営業中です

相談者様に寄り添い行政書士として様々な手続きや契約をサポート

様々な準備や専門知識が必要となる行政手続きについて、いざ必要になっても調べなくてはわからないことが多く、なかなか手続きを進められないとお悩みになる方も多いです。そんな方々を支えるため、相続や遺言はもちろん、法人設立などあらゆる行政手続きについてのご相談を承り、プロとして知識を活かしサポートしております。お困りのことがございましたら、どんなことでもご相談やお問い合わせを歓迎いたします。

これまでにも地域密着で個人・法人を問わず多くの方からご依頼をいただいてきた確かな実績があり、「対応が丁寧だったので安心して依頼できた」と相談者様からもお喜びいただいております。わからないことやお困りのことなど、ご不安を抱えてお越しになる相談者様に安心してサポートをお任せいただけるよう、常に丁寧かつ迅速な対応を徹底してまいりました。相談者様の目線に立ったきめ細やかなサポートで、お悩みを解決へと導きます。

これからもサービスを通じて多くの方のお役に立てるよう、様々なご依頼に真摯に向き合ってまいります。それぞれのご相談やご要望に幅広くお応えするためにも、知識とノウハウを活かし柔軟に対応いたします。

地域密着で宇都宮にて企業様からもご依頼を承ってまいりました

個人の方の遺言や相続のお悩みをはじめ、他にも企業様からの法人設立など様々なご相談に対応してきた確かな実績がございますので、どんなことでも安心してご相談いただけます。企業様の事業活動において生じる様々なお悩みに対応し、行政手続きや契約をプロがサポートすることで、本来の業務に労力を注げるようになったとお喜びいただいております。個人・法人を問わず幅広いご依頼に対応してきた経験を活かし、的確にニーズにお応えします。

弁護士とのネットワークもございますので、それぞれの専門知識を活かしたトータルでのサポートができ、幅広いお悩みに対応できます。日々の業務において、法務や行政の手続きなどでお困りのことがございましたら、ぜひ一度専門知識を持ったプロに相談してみませんか。アットホームで安心感のある雰囲気づくりを心掛けておりますので、初めてでも安心してご相談いただけます。

お悩みについての丁寧なヒアリングを通じて相談者様の状況を正確に把握し、本当に役立つサポートができるよう、相談者様の目線に立ったご提案を心掛けております。様々な申請や手続きについての知識とノウハウを活かし、お悩みを解決します。